活動報告

 
2018年度活動報告(その③)

 暑過ぎた夏が終わったと思いきや、今度は毎週末に台風がやって来て落ち着かない9月でありました。21号は大阪近郊を襲い、強風で関西空港連絡橋にタンカーが激突、また、24号は浜松市で大規模停電を引き起こしました。浜松市の駅前でも、3日間停電のあった地域もありました。そこで、パークが停電したら飲み水は大丈夫なのか?を管理員に聞いてみました。
①パーク管理センターには飲み水
350トンのタンクが有ります。
②水を送るポンプは停電時にはエンジンポンプに切り替わりいつもと変りなく使えます。
③各戸でお風呂を我慢すれば
3日程度は大丈夫です。
④泥水に管理センターが浸かっても地上タンクのため泥水が流れ込むことはありません。
 すごいですね。安心しました。皆様から頂いた管理費は、しっかり住民の生活を守るために使われていることをご理解ください。
総務委員会の活動も、後半に入っていきます。この時期は、管理組合役員の退任理事の代わりを探す時期でもあります。今年は、3名の退任が決定しております。理事会役員も自治会同様順番です。お声が掛りましたら、お引き受け下さいますようお願い致します。




2018年度活動報告(その②)

 5月27日の定期総会には、48名のご出席を頂きましてありがとうございました。昨年度の決算報告で始まり、今年度の予算、規約改訂、暫定予算の全議案の承認を頂き定期総会を終えることが出来ました。総務委員会の今年度の活動計画の一つに、「管理規約の作り替え、及び全戸配布。」が有ります。昨年8月に、国土交通省から標準管理規約の改正版が公表され、それに伴い、1年掛けてパークの管理規約を見直し、新管理規約を作成いたしました。今年は、それに付随する、運営細則を見直し、12月には「パークハウス管理規約改訂版」を全戸配布できるよう頑張っております。もらっても、ありがたみの無い代物ですが、管理組合の運営は、この管理規約に沿って実行されております。間違ったことは規約には書いてありません。100パーセント守って頂ければご近所のトラブルも起こらないと思いますが、「ペットの飼育」「楽器の練習」「野良猫・野鳩の餌やり」、ちょっとぐらいなら...の行動がトラブルを起こしております。住民の皆様、規則は守るようにお願い致します。



2018年度活動報告(その①)

 今年度も引き続き総務委員長をやらせて頂きます。よろしくお願いいたします。2年前に「アルミサッシ窓・玄関扉改修工事」の臨時総会決議は普通決議か、特別決議か、という事で問題となり、管理規約を見直す事になりました。当初は第47条2項の改訂案だけで考えておりましたが、国土交通省から「暴力団排除・建て替え時の対応」を盛り込んだ、マンション管理規約が公開されたため、それに準じてパークハウス管理規約も全面的に見直す事に致しました。29年度1年掛けて(案)が出来ました。定期総会での承認をよろしくお願いいたします。今年の主な活動内容を報告いたします。

管理委託業者の選定
ぱーくニュースの発行
ホームページの管理・運営

管理規約改訂に伴い新しく製本して全戸配布

その他、定例の業務を実施していきます。
5月27日(日)は定期総会です。出席できない方は委任状の提出を必ずお願いいたします